11月21日「パパ・ママ・キッズ・ お友達とボードゲームで遊ぼう」 を開催しました

ボードゲーム

2020年11月21日に朝霞市根岸台のイベント交流スペース”ヘルシースタジオ”で、
「パパ・ママ・キッズ・ お友達とボードゲームで遊ぼう」 を開催しました。

当日は複数のご家族にご参加いただき、誠にありがとうございました。

小さいお子様は4才の子から、小学生、パパ、ママで思い思いにゲームを行いました。

最新のテレビゲームも良いですが、アナログのボードゲームも色々なコミュニーケーションが生まれ、大変おもしろかったです。

どんなゲームを遊んだの?

ボードゲームってなに?人生ゲームみたいなもの?と思われる方も多いかもしれません。

世の中には色々なボードゲームがありますが、
ヘルシースタジオでは、4才くらいの小さなお子様から遊べるゲームを中心にご用意しています。

どのようなものかいくつかご紹介いたします。

ワニに乗る?

木製の動物のコマを一人7個ずつもってゲームがスタート。

順番にサイコロを振り、出た目の数だけ、自分の動物をワニの背中の上に積み上げていきます。

積み上がるたびに不安定になり、崩れてしまうと自分の手元に戻ってきます。

自分の動物をすべて置ききった人が勝利です。

大人にはない、子供の独創的な置き方の発想に驚かされます。

スティッキー

青、赤、黄色の太さの異なる27本の棒を、木のリングで束ねて、
バランスよく立たせてスタートします。

一人ずつ、サイコロを振り、出た目の色を抜き取っていきます。

バランスが崩れて倒してしまった人が負けです。

棒の色ごとに点数が決まっていたり、パスができたりといったルールもありますが、
小さい子が遊ぶため、単純に「崩したら負け」で楽しんでいます。

指先の器用さや、集中力が養われます。

虹色のへび

「あたま」・「しっぽ」・「おなか」の3種類のヘビのカードを1枚ずつめくり場に出していきます。

色同士が同じであれば、カードを接続することができ、「あたま」と「おなか」と「しっぽ」がつながれば、完成させた人がそのカードをもらうことができます。

また、山に1枚だけ、虹色の「あたま」と「しっぽ」のカードがあり、これはワイルドカードでどの色にも接続することができます。

山札が尽きたときに、最もたくさんのカードを持っていた人が優勝となります。

ルールが簡単なので、3~4才くらいのお子様から楽しむことができます。

運の要素が強いため、小さなお子様でも大人に勝つことができ、勝つことの楽しさを感じることができます。

また、「綺麗に色を合わせる」という感覚が自然と身につきます。

その他

他にもお子様から楽しめるゲームがあります。

「パカパカお馬」

「犯人は踊る」

「カタン」 など また別の機会にご紹介できればと思います。

定期開催予定

ご参加いただいた方から、今後もぜひまた楽しみたいとのご意見をいただき、
今後は定期的にボードゲームで遊ぶイベントを行いたいと思います。

次回は 11月28日(土)13:00~17:00 に開催いたします。

今回は参加できなかった方もぜひご参加ください!

また、イベントの時間以外でも、興味のある方は声をかけてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました